《ヘアケア》産後のボロ髪を救ってくれた、シルク製ナイトキャップの効果

腰までのロングヘアに憧れて、ただいま髪を伸ばし中です。

恥ずかしながら、美容室が苦手で、毛先のカットも自分でやっているので

かれこれ2年半は美容室に行っておりません(^^;

おかげで胸元近くまで伸びてきました。(笑)

 

髪が長くなるとお手入れも大変です。

シャンプーもドライヤーも時間がかかるので、子育て中となると尚更です。

ですが、だからこそキレイな髪をキープしたい!

と、半ばやけくそで髪を伸ばして、ケアしてます。(笑)

 

また、私の髪はクセが強く、今は髪の重みで落ち着いていますが

これを短くカットすると軽くなって本当に扱いにくくなるんです(><)

なので長い方が楽(束ねられるし)、というのも一理あります。

 

 

そんなこんなで、ヘアケアにはほんの少しだけ力を入れている私が

これ、本当にオススメ!!!

といえる、シルク製ナイトキャップについてご紹介します!

もう私は、これなしではやっていけません…それくらい重宝してます。(笑)

 

 

 

美髪のためには「摩擦」を避ける

髪が傷む原因は大きく分けて2つあって、

  • 紫外線
  • 摩擦

だそうです。

紫外線は帽子を被ったり、日傘をさしたり、髪用のUVケアアイテムがオススメ。

 

 

そして摩擦を避けるためにできることは、

  • ブラッシングは毛先から優しく
  • シャンプー前にブラッシングをして絡みを解す
  • タオルドライは優しく、ポンポンと叩くように
  • 洗髪後はなるべく早くドライヤーで乾かす
  • 物理的に擦らない

こんな感じ。

特に濡れた髪は本当にデリケートだそうで、

髪を乾かさずに寝るなんてのは問題外なんだそうです…(苦笑)

 

丁寧に扱うのはもちろんのこと、物理的に擦らないよう気をつけるのは大事。

私自身、髪が伸びてきたので椅子の背もたれで擦れるのがすごく気になっています。

なので車を運転する時はサイドで結んで髪を前に持ってくるようにし、

背中と車のシートで髪を挟んで擦らないように気を付けています。

 

そして、最も摩擦が生じやすいタイミングは、就寝時。

就寝時の枕と髪の摩擦を避けるのはとても重要!

そこで登場するのが、シルク製のナイトキャップです!

 

 

シルク100%のナイトキャップ

シルクといえば、美しい光沢と滑らかな肌触りが魅力の天然繊維。

また、紫外線をカットしてくれたり、静電気を起こしにくい素材なんだとか。

この滑らかで優しい質感と、静電気を起こしにくい特徴が、

寝ている間の摩擦から髪を守ってくれるんです!(^^)

 

こちらのサイトに詳しく載っています↓参考にさせていただきました。

シルクそのものが乾燥しにくい素材なので、

包み込まれる肌や髪も乾燥から守られる、という性質もあるようです!

 

 

楽天で「シルク ナイトキャップ」と検索すると、たくさん出てきますが

私はこちらを購入しました。

 

画像じゃ伝わりにくいかもしれませんが、

滑らかで柔らかい、とても肌触りの良い質感です。

これで1,000円そこそこというお値段は魅力的(^^)

 

 

痕が気になり紐タイプに

シャワーキャップのように、ぐるりとゴムで覆われた被るタイプもありますが

 

痕が残りそうで気になり。(笑)

30過ぎると、寝痕ってなかなか消えないじゃない?(苦笑)

ゴムの方がしっかりとホールドしてくれそうな感じはしたのですが、紐タイプに。

紐の辺りにゴムがあるので、ある程度は伸縮性があります!

この伸縮性のおかげで、私のように多く長い髪もすっぽりと収められます。

 

そして痕が気になる額に当たる部分は、凹凸のない作りになっています。

今のところ、これで寝痕がついて困ったことはありません(^^)

 

 

 

髪の収め方、注意点

まずは手で、髪を後ろでひとまとめにします。

そこでシニョンを作るように緩~くねじって、ひとまとめにして片手で固定。

(ここでねじり過ぎると、翌朝の毛先がクルンクルンになります・笑)

ゆるゆるシニョンを下からすくうように、ヘアキャップのゴム部分を当てて、そのまま被ります。

 

分かりにくっ。(笑)

 

まぁ、なんせ…軽くまとめてから収めてください。(笑)

 

紐タイプのナイトキャップの場合、被る時に、

耳を出しておく方が、寝ている間に外れにくくなる気がします

当初、耳も覆うようにして被っていたのですが、ズレやすくて困りました。

 

前髪は、短い方は出したままで、長い方は一緒に収めちゃうのも良いと思います。

私は前髪も長いので、一緒にキャップ内に入れっちゃってます。

私の場合は前髪の分け目がパックリでも良いんですが、

短い方で分け目がついちゃうと直すのが大変じゃないかと思うので…。

なので、前髪は収めない方が無難ですね。

 

収め方を失敗すると変なクセがついちゃったりするので、注意が必要です。

髪の長さによって、最適な収め方も変わってくると思うので、研究してみてくださいっ!←無責任(笑)

 

 

 

シルクナイトキャップの効果

では実際に、ビフォー&アフターをご紹介したいと思います!

 

こちらは、シャンプー後、ドライヤーで乾かした状態の髪です。

なんで、もっと髪の状態が分かりやすい白っぽい服にしなかったのか、自分でも謎(笑)

 

ドライヤー前のヘアミルクに、仕上げのヘアオイルを使ってますが、

それでも毛先はパサッとしがちです。

 

ちなみにヘアミルクはパンテーンのものをリピート中。

これをドライヤー前に塗り込むと、扱いやすい髪になる気がします。

 

そして、ヘアキャップをした翌朝の髪がこちらです。

これ、ヘアキャップ外してから、何も塗ってないし、ブラッシングさえしていないんです。

なのに、この毛先のまとまってる感!!!

おまけに、髪のさわり心地も滑らかになって、とっても良くなります。

初めて使った日は、髪のさわり心地の変化にまず驚くはずです。

 

ナイトキャップ無しで寝ると、

ドライヤー後の状態よりも更にボサボサ、パサパサになるのが常なので、

シルク製ナイトキャップは本当に無くてはならない存在です。

 

 

 

ドライヤーで乾燥後、すぐ使用

以前は寝る直前に被るようにしていたのですが、

最近はドライヤーで髪を完全に乾かしたら、すぐ被るようにしています。

(半乾きだと変な癖がつきやすいので要注意)

娘を寝かしつける時に一緒に寝転ぶし、

その時の髪への摩擦も見逃したくなかったのです。

 

娘を寝かせた後、在宅の仕事を片付けたり、ブログ記事書いたりしますが

その間もずっと被ったままです(笑)

外してまた被るのが面倒だからというのもありますが、

予期せぬメリットが一つありまして。

それは寝る前にヨガする時、髪の結び目を気にしなくて良いので

仰向けに寝転ぶポーズも違和感なくこなせること(笑)

 

パソコン作業にしても、残った家事を片付けるにしても、ヨガするにしても

ナイトキャップをしてると髪が邪魔にならずスッキリするので、むしろ快適なのです(^^)

 

 

スポンサーリンク

 

 

お手入れ+シルクヘアキャップで髪は変わる!

娘を出産した後、里帰りもしなかったので

退院直後から産前と変わらぬ日常が待っていました。

新生児を抱えて家事をこなすのが精いっぱいで、シャンプーできれば万々歳。

髪を乾かすなんて本当に無理でした。(なんなら髪を洗わない日も多かった・笑)

 

おまけに、産後2・3ヶ月ほど経って3人育児の生活ペースが掴めてきた頃には、

シャンプーさえ嫌になるくらいの膨大な抜け毛…。

暑い季節だったのもあって、

タオルドライしたら髪を結んでおしまい!

そしてそのまま乾かさずに寝る日々が続きました。

 

産後のホルモンバランスの変化や、授乳による栄養不足もあったのか、もう髪はパサパサ。

それなのにシャンプー後に乾かすことさえしていなかったので

本当に当時はゴワゴワ、ギシギシの髪でした。

(カラーやブリーチ、パーマもしてないのに、リカちゃん人形みたいな髪でした…)

 

でも、やっぱりロングヘアへの憧れが捨てきれず…

傷みが酷かった毛先2・3センチ程はセルフカットし、

心機一転、ヘアケアにきちんと取り組むことに。

  • 洗い流さないトリートメントを使う
  • きちんと乾かしてから寝る(ドライヤーは上から!)
  • ブラッシングを習慣にする
  • 日中もヘアオイルでケアする

これをしばらく続けて、少しずつ髪質は良くなってきましたが、

それでもまだ物足りない…

というときに取り入れたのがヘアキャップでした。

もう効果は絶大。(笑)

 

被ってる見た目は恥ずかしいですが、

髪が本当に変わるので気にしません。(笑)

家族も慣れっこです!

 

ちなみにショートヘアの方であれば、シルク製の枕カバーに変えるのも良いみたいです(^^)

お肌にも優しいですし、一石二鳥かもしれませんね♪

 

きちんとケアすれば、ある程度は髪も応えてくれるんだと分かったので

なおさらお手入れへのモチベーションが上がります!

いつも、伸ばしては傷んだ髪に耐えられずバッサリとカット…を繰り返していたので

今回はこの調子でお手入れを続けて、憧れの腰までロングを目指したいと思います!

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)