《ダイソー》シンプルなお薬手帳ケースをゲット!ちょいアレンジでもっと使いやすく

2019年10月9日

スポンサーリンク

 

SNSで話題になっているらしい、ダイソーのお薬手帳ケースを購入しました!

私はインスタグラム、ツイッター等のSNSはやっていないのですが

主婦向けメディアで、よくインスタから引用してお薬手帳ケースが紹介されているので

SNSで話題なんだと勝手に判断してます・・・(^^;

 

そんなお薬手帳ケース、ダイソーさんにて100円+消費税で購入。

実際に使ってみて気に入ったので、ご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ダイソーのお薬手帳ケース

今回、お薬手帳ケースを購入したのは、私自身が初めてお薬手帳をいただいたから(笑)

 

これまで妊娠・出産に伴う産婦人科の受診や

女性のがん検診以外では

病院に長らくお世話になっていませんでした。

風邪をひいても市販のお薬で対処していたので

病院での処方薬をいただいたのは本当に久しぶりでした。

 

それまで受診に必要な診察券、カード型の保険証は財布に入れていました。

ところが先日、長引く風邪で子どもと一緒に耳鼻科にかかった時にお薬手帳をいただき

「これをどう保管しよう?」

と迷ったのが、お薬手帳ケースを購入したキッカケです。

 

 

母子手帳ケースを卒業

それならば子ども達の分もついでに・・・ということで、3つ購入。

今のところ夫の分はありません(笑)

彼もまたお薬手帳を持っていないので…。

 

これまで子ども達の受診に必要なものは、母子手帳ケースにまとめていました。

  • 母子手帳
  • 乳幼児医療証
  • 健康保険証
  • お薬手帳
  • 診察券

これらを2人分。

 

母子手帳ケースを持ち出すだけで必要なものはカバーできるので便利なのですが

  • 成長に伴い医療機関での母子手帳の必要性が薄れてきた
  • 2人のうち1人しか受診しない場合も多い

そんな状況の変化もあり、分厚い母子手帳ケースは無駄かな?と思い。

 

乳児の頃は、小児科を受診すると体重も測ってもらったりして

母子手帳の提出を求められることが多々ありました。

ですが1歳を過ぎると受診に母子手帳が必要なのは予防接種の時くらいなんですよね。

その予防接種も乳児期後半には落ち着いてきますし。

 

そんな訳で、受診に必要なものをコンパクトに、

かつ各人ごとにまとめるためにお薬手帳ケースがピッタリでした。

 

 

受診に必要なものをスリムにまとめられる

お薬手帳ケースを開いてみると、こんな感じです。

左には大きなポケットが1つ、

右は大きなポケットと、2つに区切られたポケットの二段構造です。

 

お薬手帳ケースという名前の通り、お薬手帳がピッタリ♪

右側のポケットには、乳幼児医療証と診察券・健康保険証を入れています。

 

 

母子手帳は入りませんでした

地域によると思うのですが、私の地域で発行される母子手帳は収まりませんでした。

ちなみに子ども達の母子手帳はA5サイズです。

お薬手帳ケースはB6サイズに近いです。

 

受診の際に母子手帳を持っていくことは少ないので、収まらなくても良いのですが

そうなると母子手帳をどう保管しようか・・・という問題が出てきます。

 

また、画像をご覧の通り、お薬手帳ケースにはファスナーやボタン等の類がありません。

開け閉めが楽なのは良いことなのですが、

バッグの中で開いてグチャグチャにならないか・・・と少し心配になります。

 

これらの気になったポイントを解決するために、他のダイソーグッズと組み合わせることにしました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ダイソーのファスナーケース・ビニールネットケース

母子手帳が収まらない問題に対しては、

同じくダイソーで購入したビニールネットケースを使うことにしました。

こちらは、また改めて記事に出来ればと思いますが、

子どもの細々したオモチャ収納に便利なので、いくつかストックしてます(笑)

 

サイズはA5対応なので、これなら母子手帳もバッチリ♪

 

 

半透明なので中身が見やすい

私はダイソーのビニールネットケースが大好きなのですが

(ファスナーがグレーなのもツボ!!)

それは半透明で中身が確認しやすいからです。

いちいち中身を開けて確認したり、ラベリングするのも面倒なので(^^;

 

この半透明のケースに、母子手帳・お薬手帳ケース以外にも、

滅多に使わないけど受診に必要な物もまとめちゃいます。

  • 市からの子育て助成クーポン(実費の予防接種等に使えます)
  • 総合病院の受診に必要な、受付番号表を入れるカードホルダー

滅多に使わないと分かりつつ、

かと言って別で保管すると紛失してしまいそうなので

今までは母子手帳ケースに一緒に入れて無駄に持ち歩いてました。(笑)

 

これからは、診察だけならお薬手帳ケースを、

母子手帳も必要になりそうな時はビニールネットケースごと

そんな風に使い分けようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お薬手帳ケースに改造を加える

お薬手帳ケースを開封したときの第一印象は

 

「えっ!?スナップボタンとかも何もないの!?」

 

でした(笑)

バッグの中で開いてしまったりしないのかと心配。

かといって面倒くさいアレンジは苦手なので、

これまた自宅に余っていたもので簡単に手を加えてみました。

 

 

ダイソーのファスナーテープ(接着タイプ)を取り付ける

こちらもダイソーで購入したもので、ファスナーテープです。

(保管状態が悪くて外装ボロボロ…(笑))

ちなみに、ファスナーテープは裁縫タイプと接着タイプがありますが、

楽して取り付けできる、接着タイプというのがポイントです。

 

こんなふうに、適当なサイズにカットして、ペタッと貼り付けるだけ!

剥がれないか心配ではありますが、

ファスナーテープを貼りつけたポケット部分はビニール製なので、

意外としっかりと貼りついています。

いずれは経年劣化で剥がれてきちゃいそうですが、

しばらくは大丈夫じゃないかな、といった印象です。

(以前は布に貼り付けたところ、あっという間に剥がれたので(笑))

 

最初はこんな風に、小さめにカットしたものを2ヶ所に取り付けました。

ですが、何となく安定が悪く。

大きめにカットしたものを中央に貼るのが私としては良かったです。

 

色んな場所に試し貼りして、使い心地を確認するのも良いですね。

 

 

 

今後の課題・目印にワッペンを付けたい

ファスナーテープが付いたことでしっかりと閉じられるようになり、

不必要に開いてしまう心配は解消されました。

 

あとは、私と子ども達と3人とも同じデザインなので

ワッペン等を貼りつけて識別できるようにしたいと思っています。

 

どんなワッペンにしようか・・・

そもそもアイロン接着はOKなのだろうか・・・

 

ちょっと考えているところではあるのですが、

またアレンジ完了したら記事に追加いたします!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

余談・便利だった母子手帳ケース

余談なのですが、母子手帳ケースはこちらを使っていました。

ちょっと黒ずんでますねー(笑)

次男を妊娠中に

「二人の母子手帳や診察券などをまとめて持ち歩きたい」

ということで購入したものです。

 

 

ポケットが多くて使いやすい

この母子手帳ケースを選んだ理由は、

「二人分をまとめたい」という願望をかなえてくれる、ポケットの多さ。

 

まず、大きなポケットが3つあります。

各ポケットに、長男・次男の母子手帳や乳幼児医療証、

余ったポケットには診察の際に頂いた明細やパンフレットなどを入れていました。

ファスナーのついた隠しポケット(?)もあります。

友人から頂いた、安産祈願のお守りを入れてましたね~。

 

あとはカードポケットも多数!

なんやかんやで増えてくる診察券。

小児科、耳鼻科、皮膚科、歯科、

そして二人とも入院の経験があるので総合病院の診察券と・・・。

 

それらを問題なく収められました。

さすがに1カード1ポケットでは足りなかったので、

1ポケット1病院にして、二人分の診察券を同じポケットに入れていました。

 

収納力はバッチリです。

 

 

今後の使い道

処分するにはもったいないですし、思い入れもあります。

なので母子手帳ケースは通帳をまとめておくケースにしました。

せっかくポケットが3つあるので

  • 固定費振替口座用
  • 子ども達の通帳
  • 大人の貯金用通帳

こんな感じで分類して、使っています。

個人名などで分けるのではなく、

毎月必ず入金する固定費支払い用の口座を1つのポケットにまとめておくことで、

通帳の管理が簡単になるかなぁ~と思って、この分類にしてみました。

 

この母子手帳ケースならキャッシュカードもたくさん入りますし、

通帳・カード保管用にもとても適していると思います。

 

 

ちょっと大きめですが、使ってみて良かった母子手帳ケースです。