《キッチンリフォーム》TOTOのザ・クラッソでキッチン掃除が楽になった話

2019年7月2日

スポンサーリンク

 

 

早いもので義実家に引っ越しをしてきて4ヶ月が経とうとしています。

私たちの引越しに伴って、築30年近い義実家の水回りをリフォームしました。

リフォームは義父の古くからの友人にお任せしたので、メーカーを選べず(笑)

キッチン、お風呂、トイレと、全てTOTOさんにお願いしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

水回りは毎日使う場所ですが、特にキッチンは主婦にとって重要。

「なるべく予算を抑えたい」という思いもありましたが、

でも長い期間、そして毎日使う場所だからこそ

「快適のためにお金をかけたい」という思いもあり。

 

TOTOさんのキッチンは「ザ・クラッソ」と「ミッテ」の2種類ありますが

思い切ってちょっぴり高めの「ザ・クラッソ」を選びました。

 

確かに、高かった(笑)

義父の友人のおかげで特別価格にしていただいたけれど、

決して安い買い物ではなかったです。

 

ですが、

「高かったけど、これにして本当に良かったぁ!!」

と、日々満足感に浸りながらキッチンに立てています。(^^)

アパート暮らしをしていた頃よりもキッチンに立つ苦痛がなくなり

時間を見つけてはパンを手ごねで焼いてみたり、毎日キッチンワークを楽しんでいます。

 

 

オススメしたいポイントはいくつかあるのですが、

今回はひとまず、レンジフードについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

TOTO「ザ・クラッソ」でキッチンリフォーム

「掃除が楽」を重視して選びました

TOTOさんの「ザ・クラッソ」を選んで良かったと思うのは

お手入れがとにかく楽であること!

 

アパートに住んでいた頃、ただでさえズボラで掃除が苦手な私なのに、

キッチンのレンジフードの掃除がとにかくしづらくて。

7年半住んでましたが、まともに掃除したのは数回です。(爆)

 

退去する時、さすがにキレイにしておかなきゃ!と思って掃除しましたが

まぁーーーー面倒くさい!!!

とにかくパーツが多い。

パーツを外しても、レンジフードに凹凸部分が多くて油汚れが入り込み・・・

めちゃくちゃ拭き取りにくい。

 

そんなこんなで、キッチンのリフォームをするにあたり

自身の性格とアパート暮らしの経験を考慮して

「掃除のしやすさ」をとにかく重視!!

と心に決め、ここには投資をすることにしました。

 

 

ゼロフィルターフードecoを選びました

そして選んだのが、TOTOさんの「ゼロフィルターフードeco」。

他のタイプもありましたが、最上級グレードのこちらを選択。

価格はちょい高め。

(でも他グレードと比較して、そこまで大差はなかったような・・・)

 

普段なら「少しでも安い方を!」のケチな私ですが、

・長く使うキッチン

・楽に掃除がしたい(最重要)

という思いから、ここは金額面は目をつむりました。(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

TOTOのゼロフィルターフードecoのオススメポイント

とにかくパーツが少ない

ゼロフィルターフードecoの最大の特徴は、パーツが少ないこと。

レンジフードの掃除をするにあたり、外さなければならないパーツはこれだけ。

カバーと、中のファンとオイルパック。この3つだけ!!

しかもどれも楽に外せます。

 

カバー(整流板)は、手前側についているボタンを押しながら動かすだけ。

 

カバーを外すとこんな感じ。

オイルの受け皿(オイルパック)もスライドさせるだけで簡単に外せますし、

オイルパックを外した先にあるファンも

ボタンを押しながらゆっくい降ろすだけで簡単に外れます。

工具も不要ですし、主婦の私でも一発で楽々取り外しできました!(笑)

 

 

 

拭き取りが楽

パーツを外した後の拭き取り掃除も楽々です♪

画像は、カバー(整流板)を取り外した状態です。

見よ!!この凹凸の少ないシンプル設計を!!!(笑)

おかげで、拭き取りがめちゃくちゃ楽です(^^)

 

カバーが付いてる普段の状態はこちら。

 

前出の画像のように完全に取り外すことも、こうしてぶら下げておくこともできます。

中のファンも外してキレイに掃除する時は、カバーも外した方が良いと思いますが

ちょこちょこっと拭き掃除するだけなら、この状態で掃除もOKだと思います(^^)

 

ちなみにカバー本体だけを拭き取りたい時は、手前側にぶら下げておくことも。

ほんと、掃除する人のことをよく考えて下さっています。(脱帽)

 

拭き取りには、我が家で大活躍中のウタマロクリーナーを使っています!

 

 

油汚れもよく落ちます(^^)

 

 

あと、レンジフードに引っ付いているのは、無印良品のキッチンタイマーです。

シンプルなデザインが気に入っています♪

 

 

 

 

フィルターの代わりのオイルパック

ファンで空気と一緒に吸い込んだ油の粒子は、

これまでの換気扇ならフィルターやファンにこびりついてましたが

TOTOさんのゼロフィルターフードecoの場合は

このオイルパック(受け皿)に溜まる仕組みになっています。

画像はキレイに洗った後ですが、1ヶ月半ほど掃除をサボってたら

そこそこ油が溜まってました(笑)

 

フィルターに油汚れが付着すると目づまりとか掃除が大変ですが

オイルパックは水洗いOKなので、これまたお手入れラクラクです!

お皿洗いの延長でキレイにできちゃいます。

 

これまたウタマロさんシリーズでキレイになります(笑)

 

 

 

 

ただ、すべての油汚れがオイルパックに貯まるわけではなく

ある程度はファンに残ったり、レンジフード内部に残ります。

こういうところとか。

触ってみたら、ちょっとギトついてた。

また今度、掃除しまーす(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

掃除のハードルが下がればキレイを保てる

アパート暮らしの頃、なぜレンジフードの掃除を避けていたのか・・・

それは

「面倒くさい」

「脱着するパーツが多い」

「細かい部分に油汚れが入って手に負えない」

これらの理由から、掃除に対するハードルが上がってしまっていたから。

 

毎日、キッチンで食器は洗うし、寝る前にはシンクだってキレイにしてました。

ワークスペースも汚れてたら拭き取るし、

ガスコンロだって油汚れが気になれば洗剤つけて拭き取ってました。

 

でも!レンジフードはとにかくハードルの高さが別格なんです。

油汚れがガンコだっていうのもあるし、

そもそも「ついで掃除」がしづらい!

ワークスペースやガスコンロを拭いた「ついで」に

レンジフードも拭き掃除・・・とはなかなかいかなかった。

 

ですが、TOTOさんのゼロフィルターフードecoに変わってからは

凹凸の少ないフードで日々の拭き取りが簡単だし、

簡単に拭き取れるからこそ「ついでの拭き掃除」も負担になりません。

そしてパーツが少ないから、大掃除さえ楽々なのです。

 

掃除のハードルが高くなると、

掃除が億劫→汚れが溜まる→汚れ、ガンコ化→余計に億劫になる・・・

という悪循環が生まれますが、毎日の掃除が楽だと

ついで掃除→汚れが溜まりにくい→簡単な掃除でキレイになる→掃除の負担感が減る・・・

良い循環が生まれます♪

 

 

毎日使うキッチンでキレイを保てるのは本当に快適です!

我が家はまだリフォームして日が浅いというのもありますが、

この先、何十年もキレイなキッチンを維持していきたいです。

そのためには楽に掃除ができるのは、とっても重要ですね!!

 

 

リクシルさんやパナソニックさんなど、他にもメーカーさんはたくさんありますし

きっとTOTOさんとはまた違う魅力や機能があると思います。

我が家の場合は付き合いで、メーカーの選択肢はTOTOさん限定でしたが

これからリフォームをお考えの方は

是非いろんなメーカーさんを比較してみてください。

リフォームによって、毎日の家事はとっても快適になりますよー!(^^)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

番外編:ズボラさんこそ、あえての「ホワイト」

ゼロフィルターフードecoのおかげで掃除が楽になったことに加えて、

キッチンをホワイトで統一したことも、掃除のハードルが下がった要因の一つだと思います。

 

当初、白は「汚れが目立つから、ちょっと・・・」と抵抗感がありましたが、

ズボラな私にとっては汚れは目立つほうが良いと知りました。(笑)

 

汚れが目立たないと、ズボラな私は掃除をサボります。

「また今度で良いやー」の積み重ねで、結果、汚れはガンコ化します。

こうなると掃除が大変だし、嫌になります。

 

ですが、レンジフードもホワイトになった今回。

汚れが溜まると、白地に黄色い油汚れが付着して、とにかく目立ちます。

こんな感じで。

この光景を見ると

「あぁー、掃除しなきゃ・・・」

となります。(笑)

これが黒だったら、汚れも目立ちにくいと思うので

たぶん油汚れでギトついてるのは分かっていても、

見て見ぬふりをしてたでしょう。

 

白は汚れを目立たせてくれるだけでなく、

キレイに掃除した後の達成感も割増にしてくれます。

汚れもないピカピカの真っ白は、見ていてとっても気持ちが良いですし、

「この状態を維持しよう!」という意欲も湧かせてくれます(^^)

 

リフォームをお考えの方、キッチンには「あえての白」の導入をオススメいたします。(笑)