《断捨離》使いまわせばモノが減る!代用品を見つけたので手放したキッチンアイテム

2019年10月9日

スポンサーリンク

 

 

引っ越しに向けて少しでも荷物を減らすべく、ちょこちょこ断捨離中です。

最近は主にキッチンの物の見直しを進めているのですが、

その中で、数は少ないですが断捨離したものを書いてみます!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

離乳食で使ったサンドイッチメーカー

まずはこちら。

100円ショップで購入したサンドイッチメーカー。

耳を切り落とした食パンをここに乗せて

具も乗せて、ピンクの蓋で圧迫すると

山崎製パンさんのランチパックのようなサンドイッチができます!

長男がもっと小さかった頃に、

普通のサンドイッチじゃ具をこぼして食べにくそうだったので購入。

 

ですが、そんなに出番は多くは無く。

それに食パン一枚分のサイズですが意外と場所をとり、

今では長男も上手にサンドイッチを食べられるので必要なくなり。

ただ今度は次男に使えるかも・・・と思って残していました。

が、代用品を見つけたので気持ちよく断捨離です!

 

 

菜箸でランチパックができる!

サンドイッチメーカーの代用には、どのご家庭にも必ずある菜箸で十分!

菜箸といわずとも、食パンの辺よりも長ければ普通のお箸でも大丈夫です。

 

方法は簡単!

まず、耳を切り落とした食パンに具材を乗せます。

こぼれても摘んで拾いやすいように、ゆで卵ではなくて炒り卵です(笑)

そして上から食パンを被せます。

よく見ると歪んでますね(笑)

で、あとはパンの端を菜箸でググーーーっと押すだけ!

菜箸を外すと・・・

ちゃんとパン同士が引っ付きました☆

 

他の辺も同様に菜箸で押して引っ付けていくと

幼い子でも食べやすいランチパック風サンドイッチの出来上がり♪

ちゃんと封されてます(^^)

中身の詰めすぎにさえ気をつければ簡単です。

むしろ力加減がしやすいので、サンドイッチメーカーより上手くできる気がします。

サンドイッチメーカーを使ってたときは、端が開いちゃったことも時々あったので(^^;

 

初めて作った、菜箸でのランチパック風サンド。

次男の食べ方は、大人の予想を裏切ってくれました(笑)

ランチパック風にした意味なし!(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

100均で買った卵の穴あけ器

こちらも100円ショップで購入した、卵の穴あけ器。

真ん中に針が付いていて、生卵を乗せて押し込むと殻に小さな穴を開けてくれます。

穴を開けておくことで、ゆで卵の殻むきがとても楽になります!

 

 

包丁の角で簡単に穴開け!

こちらの穴開け器はコンパクトなので、持っていてもそんなに邪魔にはなりませんが・・・

手持ちのレシピ本で煮卵のつくり方を見ていたところ、

「包丁の角で卵の殻に小さな穴を開ける」

という文言があり!!

真似してみたところ、めちゃ簡単に殻に小さな穴を開けられました!!

ちなみに包丁のこの部分です。

このシャープな角部分を殻に当てて、軽くコンコンと叩くと小さな穴が!

分かりにくいですね(^^;

 

この穴のおかげで殻もむきやすくなってたので、包丁でも問題なしです!

そんなわけで穴あけ器も処分しました。

 

包丁の角で穴を開ける時はケガをしないように十分に注意し、

また力を入れすぎて卵を割ってしまわないように気を付けてください!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

初期型のホームベーカリーも処分

結婚した頃に購入した、ホームベーカリーもこの度、処分しました。

ちなみに、サンヨー(現:パナソニック)のGOPANです。

サンヨー製というのが時代を感じますね(笑)

 

おそらく購入から7年ほどで、家電の寿命としては処分にはまだ早い気もしますが

1.古い機種なのでかなり大型

であるために、場所をかなり占領します。

 

また生米を砕いてお米のパンが作れるのですが

2.ミルの音がうるさくてアパート暮らしには向かない

よってほとんど利用することがなくて、普通の小麦のパンしか焼かなくなりました。

 

そして最後は、食パンよりもロールパンなどを作ることが多く、

そうなると生地だけホームベーカリーにこねてもらって

発酵・成型・焼きは自分で行うことになるので、

3.手ごねさえ頑張ればホームベーカリーが必要ないかも

ということで、処分するに至りました。

 

 

意外と簡単だった手ごねでパン作り

今はインターネットで検索すれば簡単にレシピが調べられます。

そこで私も、初心者でも簡単に手ごねで作れるパンのレシピを調べ、見つけました。

レシピ検索は楽天レシピを愛用中。

 

パン作りと言えば、広い作業台の上で

体重をかけて生地を力いっぱいこねる・・・というイメージが強かったのですが

(だって、ジャムおじさんも広い作業台の上でアンパンマン作ってるし!)

意外にも大きなボウル一つで作れることが判明しまして。

これは実際に作ってみて驚きでした。

ホームベーカリーのパンケース(パンを焼く型)よりも

ボウルを洗う方が簡単ですし、乾くのも早いので助かる。

 

また生地をこねる作業も面倒で時間がかかりそうですが、

意外にも面白い作業であることが分かりました。

(こね方が下手なのか、時間はかかりますが)

捏ねているうちに変化する生地の状態、

捏ね方次第で焼き上がりに変化が出ること・・・

ホームベーカリーに頼らずに体験してみると、なかなか興味深いです。

 

 

私は、ホームベーカリーでのパン作り歴は6年ほどあるものの、

実際に生地に触れてパンを作った経験はほとんどありませんでした。

なので美味しいパンを焼くために、生地作りにはどういったことが必要なのか・・・等

パン作りの基本は全く持って身についていません。

 

今回、ホームベーカリーを断捨離したことで

自宅でパンを焼くためには手ごねしか方法がなくなりましたが

それによって美味しいパンを焼くための研究ができるという楽しみが増えました

温度や湿度、材料の配分や捏ねる時間など・・・

色々変えてみながら、美味しいパンを自分の手で焼けるように、精進していきたいと思います(^^)

 

これはホームベーカリーに頼っていたら、気づけなかった楽しみですね♪

 

 

初期型の家電は様子を見るに限る・・・

これは個人的な見解ですが、初期型・・・つまり真新しい家電は

飛びついて買わない方が良いな、と思いました。(^^;

 

当初、お米のパンが焼けるゴパンはとても貴重でした。

ホームベーカリーは他のメーカーさんからも発売されていましたが、小麦パンのみ。

生米を砕いて、モチモチのお米のパンが焼けるのはすごく魅力的だったのです。

 

ですがそのすぐ2・3年後には、生米ではなく炊いたお米からパンが作れる機種が登場。

正直、こちらの方が画期的だし、実用的だし便利。

またゴパンは生米を砕くミルの音がとにかくネックだったので

ミルの必要がない分、きっと静粛性も優れていると思います。

 

そして最近では、発酵機能を活かして、ヨーグルトまで作れる機種があるそうじゃないですか!!

1台で何役もこなせるなんて・・・素晴らしい。

おまけに私が持ってたホームベーカリーと比べ物にならないくらいコンパクト。

 

次にホームベーカリーを買うかどうかは分かりませんが、

買うとしたら、シロカのホームベーカリーを狙っています。(笑)

 

日々、家電メーカーさんも技術革新に並々ならぬ努力をされているので

どんどんと便利で素晴らしい家電が出てきますね。

これまでになかった真新しい家電が発売されると、つい欲しくなっちゃいますが

しばらくは様子を見た方が良いかもしれないな・・・と、ゴパンを購入して学びました。(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

鍋つかみ・ミトン(2019.03追記)

2月末頃に、夫の実家へと引っ越しをしました。

 

引越の際、業者には依頼せず自分たちで少しずつ荷物を運び込んだのですが、

頻繁に使うキッチングッズを優先的に運んだはずなのに、ミトンをアパートに置き忘れ。

南部鉄器の卵焼き器を使っているため、持ち手を掴むためにミトンはほぼ毎日使っていました。

でも、無いものは仕方がないので、無印良品の落ちワタ混ふきんで代用。

分厚くなるように折りたためば、これが全く問題なく使えまして!

よほど長時間、持ち続けない限りは熱くなりません。

卵焼きを1つ作るくらいの時間なら大丈夫でした。

 

新しいキッチンでミトンをどこに収納しようか迷っていたので

いっそのこと断捨離です。

 

鉄製の卵焼き器を扱う時の他、オーブンでパンを焼いた時にもミトンを使っていましたが

それも無印のふきんで全く問題なく対応できています(^^)

 

ちなみに無印良品の落ちワタ混ふきんは、繊維が付きにくいので

食器を洗った後の拭き上げに、長らく愛用しています。

乾くのも早いし、綿素材100%なので煮洗いも出来ますし、扱いやすい(^^)

今後は鍋つかみとしても活躍してくれそうです。(笑)

 

 

 

代用できるものを見つければ物が減る!

今回、ひとまずキッチンにおいて4種類のものを断捨離しました。

まだまだ捨てたくてモヤモヤしてますけど(笑)

 

今の世の中はとても便利なグッズが溢れていて、

なおかつ100円ショップなどで簡単に安く手に入ります。

ですが、今回手放した卵の穴開け器のように、

使用用途が一つしかない「専用アイテム」は物を増やす原因にもなります。

 

反対に、手持ちのアイテムをフル活用して何役もこなさせると持ち物は少なくて済みます。

少ない物で暮らしていく上で、身近な物で代用するというのはとても大切なことだと思います(^^)

 

まだまだ手持ちの物を減らしてたいと思っている私は、

代用できる物がないか日々、模索です。

最低限の少ない物で、スッキリと快適に暮らしていくのが理想です。

 

 

家中の断捨離はまだまだ続きます!(笑)