《子育て》離乳食期に役立った便利アイテム達

《子育て》離乳食期に役立った便利アイテム達

次男が生後5ヶ月を過ぎ、離乳食を始めました。

 

生まれてから母乳やミルクしか飲んでいなかった我が子が、初めて食べ物を口にする瞬間・・・

 

どきどきワクワクします。(笑)

 

長男の時は、離乳食が億劫で仕方ありませんでした。

料理は得意じゃないし、なんだか面倒くさそうだし・・・。

 

特に、母乳のみで育てていた私にとって、

赤ちゃんが空腹でぐずればおっぱいを咥えさせるだけでOK!

という楽な状態に慣れていて・・・。

 

お湯を用意してミルクを作ったり、飲ませ終わったら哺乳瓶を消毒して・・・

という手間をかけてきた経験もしてこなかったため、

「離乳食作るのとか、面倒くさいー。おっぱいだけの方が楽なのにー。」

という思いでいっぱいでした(^^;

 

また、何をどうすれば良いのか分からないっていうのも、

億劫だったり不安になる理由でもあるんですよね。

 

けれども、今回は億劫とか面倒だとかネガティブな想いはあまりなく。(^^)

やはり長男の時に一度経験してきているのが大きいと思います。

 

段取りが分かっていますし、程よく手抜きする方法も分かっています。(笑)

また、なかなか思うように離乳食が進まなくても、いずれは必ず食べてくれる時期が来るというのも分かっているので

おおらかな気持ちで進められます。(^^)

 

そんな訳で、今回は長男の離乳食期に使って便利だったアイテムを紹介したいと思います!

 

 

[TOC]

 

離乳食期、使って便利だったもの

 

定番中の定番、離乳食調理セット

これはよく使いましたし、たまに離乳食以外でも使っています。(笑)

私が使っているのはアカチャンホンポオリジナルのものらしく、

出産祝いに頂いた食器セットに含まれていました。

ベビープーのイラストが可愛いです。(^-^)

 

セット内容は、ほとんどの調理セットと変わらないと思いますが

・こし網

・おろし板

・ジュース搾り

・すり鉢

で、スタッキングできるので保管には場所をとりません。

 

中でもよく使うのは、こし網!

10培粥を裏ごしして滑らかにしたり、柔らかく煮込んだ野菜を潰したり・・・。

一番よく使いましたね。

今もお粥や茹で野菜の裏ごしでよく使っています。

 

逆に、個人的にはジュース搾りとおろし板は、あまり使った記憶がありません。

ジュース搾りは、果汁を摂らせたことがないのと(果物は食べさせていましたが)

おろし板は元々使っているものがあるので、そちらを使ったり。

 

なので、必ずしも調理セット一式が必須!!!ではないようにも思います。(^^)

私個人の勝手な感想ですが、裏ごしできる網とすり鉢があれば、たいていは何とかなる。(笑)

 

使用期間は短いけれど・・・おかゆクッカー

離乳食を開始してしばらくは、食べ物を飲み込む練習をする時期なので、離乳食は全てペースト状です。

主食であるお米も10培粥を用意しなければいけません。

炊飯器のお粥モードで炊いたり、我が家の場合は炊飯器がないのでお鍋でお粥を炊くことになりますが、

炊飯器やお鍋だと作りすぎになることも。

 

ある程度の量を食べるようになってくると、お米1合分でお粥を炊いて、小分けして冷凍しておくのが便利ですが

離乳食初期(ごっくん期)は食べる量も少ない上に、食事の回数も1日に1回。

冷凍したお粥は念のため1週間以内に使い切るのが原則なので、お粥は少量ずつ作る方が良いと思います。

 

そんな時期にお世話になっていたのが、電子レンジでお粥が作れる、こちら。

OSK おかゆクッカーです。

 

電子レンジで生米からお粥を作ることもできますし、

大人用に炊いたお米を取り分けて、ごはんからお粥を炊くこともできます!

加える水の量によって、10培粥や5培粥が作れます。

 

今、離乳食を始めて10日ほどの次男のために、こちらで10培粥を作り、

先ほど紹介した調理セットのこし網で裏ごしして、冷凍保存しています。

付属の計量スプーン山盛2杯分のごはんと、お水140mlを入れて、500w・5分間レンジで温め。

その後は10分ほど、庫内で蒸らすのみなので、手間はほとんどかからず、楽々です(^^)

 

ただ、出来上がり量としては、大さじ8杯分くらいでしょうか・・・

ちょっと少なめなので、ごっくん期でもよく食べる子だと、1食分くらいになっちゃいますね(^^;

次男はまだ慣らし段階で大さじ2杯分も食べないので、

おかゆクッカーで作れる分量で余り、冷凍保存までできますが、

よく食べるようになると追いつかなくなると思います。

 

なので、使用期間は短めになります。

ですが、その都度お粥を作ってあげたい場合には、長く使えるんじゃないでしょうか(^^)

 

↑Amazonでチェック↑

 

ブレンダー

長男の離乳食を終えた頃に、ブレンダ―を購入しましたが・・・

これは、もっと早く買っておけば良かったと後悔した一品です。(笑)

 

離乳食で何が一番大変で面倒だったかというと、食材の裏ごしやすり潰しです。

特に葉物野菜!!

繊維がなかなか断ち切れず、滑らかな仕上がりになりません。

細かく刻んでから、すり鉢ですり潰したりして、なんとか細かくする努力はしましたが

本当に面倒で、面倒で・・・ごっくん期にはあまり食べさせたことがありません(^^;

 

ところが、ブレンダーだと葉物野菜もアッという間にペースト状に!!

次男の離乳食作りではまだ使っていませんが、

ほうれん草のポタージュを作る時にブレンダーを使ったところ、

みるみるうちに滑らかに仕上がって、本当に楽々・便利でもう手放せません。

今回、次男に離乳食作りで使うのが楽しみです。

 

滑らかなお粥を作る時にも便利だそうです♪

↑Amazonでチェック↑

 

刃物で有名な、貝印のブレンダーを使っています。

アタッチメントの取替えで、ミキサー機能以外にもミンチが作れたり、ミル機能で小魚ふりかけが作れたり♪

日々の料理作りでも活躍しています。

 

小分けに、100均の製氷皿

こちらも、活用されているママさんはきっと多いはず!

 

様子を見ながら食べる量を増やしていっている段階の次男。

まだお粥とニンジンしか食べたことがないので、

初めての食材は小さじ1から始めて、1日おきに小さじ1追加して・・・という流れで進めています。

 

なので、冷凍保存する時には予め大さじと小さじで計量してから冷凍。

大きめの製氷皿には、裏ごしした10培がゆを大さじ1ずつ。

ピンクのハート型のシリコン製氷皿には、追加分のお粥や、初めて食べさせる野菜を小さじ1ずつ。

完全に凍ったら、冷凍保存バッグかタッパーに出して冷凍庫にて保存しています。

あとは必要な分だけ取り出して、電子レンジで温めるだけ♪(^^)

離乳食では必須の「だし」も、多めに作って製氷皿で凍らせておくのも便利です。

 

もうね、ごっくん期は冷凍保存なしじゃ、やってられない。(笑)

もう少し大きくなると、取り分けも楽になるんですけどね。

裏ごしが必要な今の時期は、まとめて作って冷凍しておくのが一番です。

 

余談ですが、食材を解凍する時は、少しずつ様子を見ながら温めましょう!

私は何も考えずに少量のお粥を1分近く加熱して、蒸発させたことが何度かあります。(笑)

少しずつ、少しずついきましょう。(^^;

 

ある程度食べるようになったら・・・専用保存容器

タッパーよりも簡易的なものにありますが、フタ付きの小分け容器が便利です♪

食べる量が増えてくる、ごっくん期後半あたりから、よく活躍していました。

その頃には離乳食も2回食になっていたりで、前出のおかゆクッカーじゃ間に合わなくなってくるので

炊飯器なりお鍋でお粥を炊いて、こちらの容器に小分けして冷凍していました。

あとはおかず系(野菜スープとか)も、こちらで小分けして凍らせていたので

写真には4つしか映っていませんが、もっとたくさん持っています(^^;

 

おそらく西松屋でオリジナルのものを買ったと記憶しています。(曖昧・・・)

サイズがいくつかありましたが、100ml前後のものが長く使えて便利です(^^)

 

そのまま電子レンジにかけられますし、

ふたもパチッと閉まりますし(液漏れは防げませんので持ち運びにはNGです)、

使わない時は重ねて保管できるので、たくさん持っていても場所をとりません。

 

↑Amazonでチェック↑

↑Amazonでチェック↑

 

色んなメーカーさんから似たアイテムが販売されているようですが、

いずれも比較的お手頃価格ですし、オススメです♪

 

手軽にペーストができる!野菜フレーク

やさしい甘みが赤ちゃんや子どもに人気のトウモロコシ。

長男は赤ちゃんの頃から今も、トウモロコシが大好きです(^^)

 

けれどトウモロコシって、繊維質が多いのでペースト状にするのは手間。

(ブレンダーがあれば楽なのかもしれませんが・・・試したことはないです)

なので、フレークタイプのものをよく使っていました。

↑Amazonでチェック↑

お湯に簡単に溶けるので、コーンスープが手軽に作れます(^^)

牛乳が飲めるようになる1歳を過ぎてからは、

温めた牛乳に溶かしてコーンポタージュ♪

大人も美味しく飲めるので、忙しい朝食に便利でした☆

 

他にもカボチャやニンジンのフレークもあるようですが、

カボチャとかをペースト状にするのは比較的簡単なので

私はトウモロコシしか試したことありません。

 

美味しくて便利なので、今回もトウモロコシは購入予定です(^^)

 

別茹でや、だし作りに・・・だしパック

離乳食期はとにかく「茹でる」という工程が多くなります。

まだ奥歯も生えていない時期なので、食べられるものは奥歯で潰せるくらいの固さまで。

 

食べられる食材が増えてくると、赤ちゃん用に調理する食材も増えてきますが、

にんじん茹でて、かぼちゃ茹でて、葉物野菜茹でて・・・と、別々で茹でるのは面倒。

 

そんな時に、だしパックをよく使っていました。

お茶パックでも良いのですが、サイズが小さいものが多いので、

比較的大判のものが多いだしパックがオススメ。

 

だしパックを使うと、火の通り具合が異なる野菜も1つの鍋で一緒に茹でられます。

例えば、柔らかくなるまでに少し時間がかかるニンジンと、火の通りが早いカボチャを一緒に茹でるとすれば、

カボチャをだしパックに入れて、先にお湯から引き揚げられるようにしておくと、ガス代も手間も節約!

 

また、大人の料理と一緒に調理したい時も便利です。

例えば野菜スープを作る時、大人用にカットした野菜は離乳食には不向きのサイズですし、

かといって大人が離乳食サイズに合わせる訳にもいきませんよね。(笑)

なので、赤ちゃん用に小さくカットした野菜をだしパックに入れておくと、

大人の野菜と混ざらないようにしながら、一緒に調理できます♪

 

もちろん、とりあえず大人サイズで作っておいて、後から赤ちゃんの分だけ取り出してカットする、という方法もありですが♪

私はだしパックを使って、分けつつも一緒に調理できる方法が楽でした(^^)

 

当然ながら、だしをとる時にも使えるので、だしパックは離乳食作りのために常備しておいて損はないです!

 

お菓子ケース

おやつは基本的には足りない栄養素を補うもの=補食なので、

ヨーグルトや果物、さつまいも等を食べさせることが多かったのですが

ハイハインや、小魚入りせんべいなど、ベビーせんべいも時々食べさせていました。

お出かけの時は特に、個包装のベビー用お菓子は助かります(^^)

 

お菓子の持ち運びに便利なのが、100円ショップで購入したお菓子ケース。

おせんべいが割れちゃうのを防いでくれます!

柔らかいベビーせんべいをそのままバッグとかに入れちゃうと、知らぬ間に粉末になりますからね(笑)

ふたをまるごと取っちゃうとベビーせんべい入れに。

キャップを開けると

小さな穴が開いているので、ボーロとか小さなお菓子を持ち運ぶのにも便利です!

 

確か、ダイソーかセリアか、どちらで購入したのですが・・・

すみません、3年近く前なので覚えていません(^^;

けれど、どちらのお店にも似たようなアイテムはあったと思います。

 

 

あと私はあまり使いませんでしたが、紙パックジュース用のホルダーも便利ですね♪

(あまりジュースを飲ませてなくて、ストローマグでお茶を飲ませることが多かったので・・・)

押しても中身が飛び出しにくい紙パックジュースもありますが、

やはり幼い乳幼児に持たせて飲ませるには不安が残るので・・・(^^;

こちらも同じく100円ショップで売られています!

 

市販のベビーフード

離乳食は手作りして当然?

 

いえいえ、そんなことはありません。

いくら可愛くて大好きな赤ちゃんのためであっても、作るのが面倒に感じる時だってあります。

 

冷凍ストックを切らしちゃったけど、大人の献立からは取り分けがしにくい時・・・

ママさんの体調が悪い時・・・

何となく作る気になれない時・・・

外食したい時・・・

 

迷わず市販のベビーフードに頼りましょう!!

 

特に外食の時には、ベビーフードは本当に便利で助かりました。

離乳食メニューを用意してくれているお店なんて滅多にありませんし、

かといって大人の分を取り分けるのも、味が濃くて難しいですし・・・。

長男が赤ちゃんの時、外食はベビーフード持参でフードコート、が定番でした(笑)

 

離乳食作りが苦痛で辛く感じるくらいなら、

市販のベビーフードを活用して、気持ちにも時間にも余裕を確保して、

笑顔で赤ちゃんと向き合える方が絶対に良いです。

母親が楽しちゃダメ、なんて法律ありませんからね(^^)

ベビーフードは赤ちゃん用に安全に作られたものですし、活用して手抜きできるところは手抜きしましょう♪

 

むしろ、万が一の災害時のことを考えると、3日分くらいはベビーフードをストックしておくべきです。

我が家も次男の離乳食がもう少しステップアップしたら、非常食としていくつか買い置きしておこうと思います。

 

 

離乳食は悩みすぎず、のんびり気楽に!

離乳食は「食べること」なので、本来ならば楽しく進めていくものですが、悩みも増えるものです。

 

私も長男の時、最初のうちはほとんど食べてくれなくて

「このままで大丈夫なんだろうか・・・」

と心配しましたが、なんてことない!(^^;

そのうち、食べすぎが心配になるくらい、食べるようになりました。(笑)

 

また、私自身が赤ちゃんの頃、離乳食を一切食べなくて、

断乳したらこの子は飢え死にするんじゃ・・・と母は心配したそうですが、

思い切って断乳してみたところ、そこから急にもりもり食べるようになったとか。

1歳過ぎまで離乳食をほとんど食べず、母乳のみの栄養だったことになりますが

子どもの頃から大きな病気せず、風邪もあまりひかない、元気が取り柄のおばちゃんに成長しました。(笑)

 

なので、心配事は尽きないとは思いますが、いずれ解決する日が来ます!

なんとかなります!

 

赤ちゃんはアッという間に大きくなっちゃいます。

貴重な赤ちゃんの成長を見逃さないためにも、

手抜きしながら、楽しんで離乳食を進めていきましょう♪

 

 

長くなってしまいましたが、他にも便利アイテムがあれば

また追記していこうと思います。(^^)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!!