《断捨離》モノが減ることで、「収納」の意味に変化

《断捨離》モノが減ることで、「収納」の意味に変化

ミニマリスト・・・になれる自信はないですが、

少ない物で暮らしたいと思い、断捨離を進めているこの頃です。

 

結婚して今のアパートに引っ越してきたばかりの頃と比べると

物もかなり減ったと思います。(まだ多い方ですが・・・)

当初は本当に多かった!

 

以前も記事にしましたが、服は衣装ケース&クローゼットにパンパン。

 

 

結婚当初は夫婦だけだったのに、食器棚もいっぱいでした。

本棚代わりに使っていたカラーボックスは、読みもしない本でいっぱいでした。

アパートに備え付けのシューズボックスも、履かない靴でいっぱいでした。

コスメボックスは、使わないメイクコスメでいっぱいでした。

洗面台下の収納は、洗剤のストックでいっぱいでした。

 

だから、収納のテーマも、今とは違っていたように思います。

 

 

いかに詰め込むかが目標だった過去

物が多かった以前は、「収納」といえば物をどれだけ収めるかが課題でした。

 

物を詰め込むために、いかにスペースを捻出するか!

 

なので突っ張り棒やワイヤーネットはたくさん持っていました。(笑)

アパートなので、壁に大きな穴を開けることができず

突っ張り棒で土台を作り、ワイヤーネットを結束バンドで固定し、

小物入れやペン入れなどを掛けるスペースを確保していました。

 

また、キッチンの扉の内側に粘着テープで小さなフックを貼りつけ

排水溝ネットや使い捨て手袋、ビニール袋など

消耗品を引っかけるスペースを確保したり・・・。

 

わずかなデッドスペースも許すまい!!

 

といった感じで、スペース確保に躍起になっていました。(笑)

 

「使いやすい収納」へとシフト

物を減らすことに意識を向け始めた今、

「収納」の意味も変わってきた気がします。

 

最近の収納のテーマは専ら「取り出しやすく、片づけやすく」です。

面倒くさがり屋な私にとって

取り出すこと・片づけることに、わずかでもハードルがあれば嫌になる

ということに気づきまして。(笑)

 

ストレスなく快適に暮らすためには、収納スペースを作り出すのではなく、

物を減らすしてゆとりを持たせるしかない、という結論に至りました。

 

物を処分していったことで、スペースにはゆとりができました。

 

衣装ケースはスカスカになりました。

食器棚は子どもの食器が増えましたが、スペースにゆとりができました。

読まない本を手放したことで、カラーボックスが不要になりました。

シューズボックスは靴以外の物(砂遊びセット、園芸セット等)を収める余裕ができました。

コスメボックスは、以前よりコンパクトなものに変えました。

使う洗剤を絞ることで洗面台下の収納にゆとりができました。

 

デッドスペースを活かすためにたくさん購入した

突っ張り棒やワイヤーネット、突っ張り式の棚も

役目を終えることとなり、ほとんど処分しました。

 

まだ途中ではあるものの、以前に比べて部屋がすっきりし、

それによって掃除がしやすくなりました。

 

 

収納のスキルを磨く

断捨離は着々と進行中。

 

あとは、収納のスキルを磨きたい。

まだ収納方法には改善の余地がありまくりです!

 

なので、整理収納アドバイザーの勉強を始めることにしました。

過去に、行政書士講座で挫折したことがあるユーキャン。(笑)

今回はしっかり最後まで取り組んで、

整理収納アドバイザー2級の取得を目指したいと思います。

 

少しずつ読み進めていますが、面白い♪

講座で学んだことを、自宅の収納にどんどん応用していきたいです。

 

自分だけでなく、家族みんなが使いやすい収納を目指して。

まだまだ奮闘していきます!!

 

 

《収納・断捨離の関連記事》