《無印良品》発泡ウレタン石けん置きはシンプルで一石二鳥

2018年8月22日

スポンサーリンク

 

 

 

衣類の部分洗いや、体を洗うために固形石けんを愛用しています!

 

石けん置きといえば、ケースタイプやトレイタイプがありますが、塗れた石けんをそのまま置くとヌメヌメしますよね。(^^;

ケースタイプの種類によっては、水が溜まってしまって石けんが溶けてしまったり・・・。

 

我が家では、そんなプチストレスを解消してくれる、無印良品の石けん置きを愛用しています!

 

無印良品 発泡ウレタン石けん置き

無印ならではのシンプルなデザイン

無印良品らしく、ホワイトでございます。

画像は、衣類の部分洗いに使っている、ミヨシのマルセル石けんです。

 

いつも洗面台で子ども達の衣類や布オムツの汚れをマルセル石けんを使って洗っているので、洗面台のポケットにセッティング。

我が家の洗面台ポケットのサイズにピッタリでしたし、白なので見た目もスッキリします!

 

 

 

水切れの良さが人気!

無印良品の石けん置きは、ウレタンスポンジそのものが石けん置きになっています。

なので水切れが良く、濡れたままの石けんを置いても石けんが溶けたり、ヌメヌメすることがありません!

 

おまけにスポンジそのものが目が粗く乾きやすいですし、スポンジの下に水受けのトレイがあるので

べたべたに濡れた石けんを置いても周りを汚しませんし、石けんもスポンジもすぐに乾いて衛生的です。

 

 

そのままスポンジとしても使える

無印良品のネットストアをチェックしていると、商品説明に「そのままスポンジとしても使える」と書かれていました!

まぁそりゃ、スポンジだものね(笑)

 

なので私は、商品説明通りに、洗面台の掃除に使っています。

別でスポンジの置き場所を確保しなくて済むので一石二鳥!

 

そして洗剤はそのままマルセル石けんを使っています。(笑)

こうしてオールマイティに使えるのが石けんの良いところ♪

スポンジに石けんをしっかり擦りつけて泡立て、洗面台をゴシゴシ。

ピカピカに洗いあがるので、とても気持ち良いです(^^)

 

石けん置きと洗面台の掃除セットが兼用になり、洗面台ポケットにそのまま出しっぱなしにできることで掃除のハードルが下がり、こまめに洗面台の掃除をするようになりました☆

 

ちなみに石けんを置くスポンジ部分は、替えも売られています!(250円)

傷んだら交換できるので、惜しみなくゴシゴシできます。(^^)

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンジを石けん置きにしてしまうアイデアがとてもステキです。

もう一つ、ケースタイプのものもありましたが、入れられる石けんのサイズを選ぶと思うので、私はこちらにしました。

マルセル石けんは少し大きめなので、こちらにして正解だったと思います(^^)