スポンサーリンク

《ミニマル》やめてみて暮らしが楽になった物

2018年7月28日

まだまだ途中ではありますが、少ない物での暮らしを目指しています。

定期的に断捨離をして物を見直していますが、まだまだ納得のいく状態ではありません。(^^;

 

整理整頓が苦手で、なおかつ面倒くさがり屋な私にとって、物が多いとそれだけで部屋が散らかってしまいます。

もっともっと必要な物を厳選して、なくても良い物、なくても困らない物はパパーーーッと手離していきたいと思います。

 

さて、そんな物を減らす一環として「やめてみた物」を書いてみます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

やめて良かった物

マット類

具体的には、キッチンマット、トイレマット、玄関マットです。

 

シンプルな暮らしを実践されている方のブログ等を拝見していて、これらマット類をやめてみたという方が結構いらっしゃいました。

なので、真似してみました(笑)

 

以前からある物=必要とは限らない

これらのマット類は、結婚して今のアパートに越してきた時に、当たり前のように購入したものです。

必要不可欠!という訳でもない(と、個人的には思う)のに、実家でも使っていたもんだから

「あ、買わなきゃ~」

と、何の疑いもなく購入した物たちです。

 

ところがこれらのマット類って、洗濯が結構面倒だったりする。

衣類とは一緒に洗えないですし、マット1・2枚のために洗濯機を回す手間。←どんなけ面倒くさがり屋なのよ

 

なので、マット類を無くしてみた、とブログ等で拝見して

「なるほど!!無くせば良いのか!!」

と、目からウロコでした。

 

やめてみた結果

実際、これらマット類をやめてみて、とても快適です。

洗濯の手間もかかりませんし、洗い替えを置くスペースも必要ありません。

 

そしてマットが無い分、汚れがとても目立つので掃除をこまめにするようになりました。

掃除をする時も、マットが無い分ササッと拭き取るだけなので楽。

 

こまめに掃除するようになったからか、はたまた原因がマットにあったのかは分かりませんが、マットを取っ払ってからトイレの匂いが気にならなくなりました。

(こまめにマット洗ってたら、匂いもしないんでしょうが・・・)

キッチンも、汚れたり濡れたりしてもサッと拭いておしまいです♪

 

ちなみにマット類に関連して、バスマットは止められませんでした。

けれどもファブリック系のバスマットはやめて、今は珪藻土バスマットを使っています。

洗濯の手間はかかりませんし、使わない時は壁に立てかけて乾燥させておくだけ!

ファブリック系のバスマットは二番風呂以降、どうしてもベタベタ感が気になってしまいますが、珪藻土バスマットはすぐに乾いてくれるので足元快適です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

炊飯器

アパート暮らしで、ただでさえ狭いキッチン。

炊飯器を置くスペースも惜しくなります。

なので、キッチンの収納にもっとゆとりを持たせたい!と思った時に炊飯器がとても邪魔に感じるようになりました。

 

お鍋で炊いてみた

試しに鍋でお米を炊いてみたところ、もっと難しいのかと思っていたけれど意外と簡単。

なので思い切って炊飯器を処分しました!

 

鍋でお米を炊くと、予約炊飯ができないというのが困ったポイントではあるのですが、これは冷蔵or冷凍保存で解決

レンジで温めたごはんって美味しくないイメージがあったのですが、問題なくおいしく頂けます(^^)

 

また、お米を炊いている間、火を使うので鍋の傍を離れることが難しくなりますが、お米を炊くのにかかる時間は案外短いのです。

私はニトリで安く購入した炊飯用の土鍋を使っていますが、火にかけている時間はおそらく10分ほどだと思います。

土鍋は熱伝導率が低いので、グツグツと煮えてくるまで時間がかかるのですが、その分保温性も高いのです。

なので、グツグツと煮えてきてから5分ほど弱火で炊いて、あとは火を消して放置しておくと余熱でお米が炊けます!

なので、炊いている間そばを離れられない、というのはほとんど苦にならず。(他の料理の調理中に炊くので尚更ですが)

 

少しコツのいる土鍋炊飯ですが、慣れてしまえば炊飯器より時短で快適です。

最初のうちはよく焦がしましたがね・・・おこげのレベルじゃないくらいに・・・^^;

 

また、炊飯器がなくなったおかげでキッチンにゆとりができて、満足しています!

今はニトリの手頃な土鍋を使っていますが、いつかはちょっと高級な炊飯用土鍋を購入したいと野望を抱いております。(笑)

 

 

キッチンシンクの排水のふた

キッチンシンクのふた。

これも取っ払ってみました。

あまりキレイな画像じゃなくてスミマセン。。。(^^;

 

自分の性格を考慮したところ・・・

ふたがあると、クズ受けのゴミが隠れるので、ついつい後回しにしてしまう私。

よく見えるようにしておくと、「片づけておくかな」ってなります。

性格の問題ですね(笑)

 

ちなみに三角コーナーは置いていません。

これまた結婚当初は「いるよね~」と買ってましたが、狭いシンクで場所を取る上に、無くても問題ないので撤去です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

余談ですが、以前、記事にした

セリアのスポンジホルダーはこんな感じです。

100円ショップの吸盤って、頼りなくてすぐに外れちゃいそうなイメージでしたが、しっかりシンクに張り付いてくれてます!!

スポンジを置くスペースも省けて良いです。

 

 

 

水切りかご

食器を洗った後、乾燥させるための水切りかご。

これは便利なんだけども、本当に場所を取る!!

使わない時に片づけておくスペースもないですし。

おまけに長らく使ってると汚れてきて、これまた掃除が面倒くさいっていう・・・。

 

タオルや大きい鍋で代用

なので最近はタオルを敷いた上に洗った食器を置いて、洗い物が終わったら拭き上げるようにしています。

 

洗ったらすぐに拭いて片づける、が一連の流れになったことで次に食器を使う時が楽になります。

以前はいつまでも水切りカゴに入っていたので(笑)←横着者

 

食器の下に敷いていたタオルは洗うだけなので場所も取りません♪

たまに大きい鍋やボウルを水切りカゴ代わりに使うこともあります(笑)

 

 

柄付きスポンジ

夫や子どもの水筒を洗うために、柄付きスポンジは持っていました。

水筒の類って、口が狭いものが多いから手を入れて洗えませんしね・・・柄付きスポンジは必須でした。

 

けれど、これも私にとっては結構面倒くさいアイテムだったんです。

普通のスポンジで食器を洗い終わった後に、柄付きスポンジにまた洗剤をつけてゴシゴシ洗う。

スポンジから持ち替えることと、また洗剤をつける手間。

そして使わない時に収納するスペースもいまいち定まらなかったので、邪魔に感じていました(^^;

 

菜箸とスポンジで代用

柄付きスポンジは、菜箸とスポンジで代用することにしました。

お皿やコップなどを洗うついでに、スポンジを菜箸で挟んで水筒の奥までゴシゴシ。

柄付きスポンジの方が洗いやすさでは勝りますが、食器洗いの延長で水筒も洗えるのは楽で良いです(^^)

 

そして何より、収納に困りません

柄付きスポンジはなかなか置き場所が決まりませんでしたが、菜箸とスポンジは既に置き場所が定まっているアイテム。

それらで代用することで、また新たに置き場所を確保する必要がないのです!

 

 

なくても良い物、まだまだ探索中

きっと我が家には、まだまだ無くても平気な物が溢れていると思います。

今まで習慣的になんとなくで購入して家に置いていた物でも、

  • 無くても困らない物
  • むしろ無い方が家事が楽になる物
  • 他で代用がきく物

などなど、きっとあるはずです。

 

「なんとなく」で家に置いているからこそ、気付きにくい面もあるかもしれませんが、「本当に必要か」を意識しながら、物を見直していきたいと思います。