スポンサーリンク

《無印良品》シンプルで使いやすい、カーペットクリーナー

2018年7月22日

初めての記事は、大好きな無印良品のことを書きたいと思います。

少し前に購入したものですが、カーペットクリーナーです!

 

手軽にゴミが取れる便利な掃除アイテム、通称コロコロ。

「ゴミ付いてるなー、けど掃除機出すの面倒くさいなー」

という時とか、

「掃除機かけたばかりなのにゴミ残ってるしー」

という時にとても便利。

 

3ヶ月前に次男を出産した私は只今、産後特有の抜け毛と日々戦っているので、手軽にゴミが取れるコロコロは手離せません(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

無印良品のカーペットクリーナー

390円とお手頃価格

100円ショップでも売られていますが、無印良品のコロコロはオシャレだし使いやすくて便利。

価格は税込み390円と、結構お手頃です。

 

そして替えテープ(幅16cm、90周)は3本で350円!

ゴミもそこそこ取れるし切り取りもしやすく使いやすいですが、一般的な替えテープともサイズは合うので、好みの替えテープを付けてみるのも良いですね!

 

 

シンプルなデザインが魅力的

無印良品といえば、全ての商品において無駄のない、シンプルなデザインがとても魅力。

カーペットクリーナーも例外ではなく、ホワイト一色のシンプルなデザインが魅力です。

我が家にはもう1本、100円ショップで買ったコロコロがありますが、お掃除のハードルを下げるために、追加で購入しました!

「無駄かなぁ、1本で十分かなぁ」と思いましたが、すぐ手の届く場所に掃除アイテムがあると掃除のハードルが下がる。

面倒くさがり屋の私にとって、そのハードルは1mmでも低い方が良い。(笑)

 

先住のコロコロさんは寝室用にして、無印良品のカーペットクリーナーをリビングで使うことにしました。

シンプルなデザインだから、その辺に置いててもインテリアの邪魔をしません

 

 

片手で簡単!出し入れしやすい

無印良品のカーペットリーナーは、ケースに収納できます。

ケースのおかげで安定して自立させられるので、どこにでも置けちゃいます!

 

また、よくあるカーペットクリーナーのケースって、ロックをかけるのが結構ややこしかったりする気がします。

実物が無いので、下手くそな絵で解説すると、

ツメに引っ掛からなくてケースが閉じられないとか、開けるのにちょっと手こずったりとか。

 

安物だったからかな?(笑)

 

実家のカーペットクリーナーがこういうケースに入ってたんですが、ケースが閉じにくくて面倒だからと結局ケースは処分してました。

些細なことであっても、毎日のこととなると煩わしくなるものです。

 

一方の無印良品のカーペットクリーナーのケースはこんな感じ。

横にスライドさせるだけで取り出せるので、出すのも片づけるのも片手で可能です!

 

簡単に取り出せるので、我が家の3歳児が嬉しそうに取り出して、お手伝いという名目でロール紙のムダ遣いをしていました(^^;

 

 

スポンサーリンク

 

 

掃除用品システムと連結可能

ちなみに、カーペットクリーナーは「掃除用品システム」シリーズです。

これは別売りのポールと連結が可能ということ。

ここに「掃除用品システム・ポール」を挿して連結させると、持ち手が長くなり、立ったままカーペットクリーナーでお掃除が可能に♪

 

ポールは、オシャレな木製の物やアルミ製の伸縮式の物など4種類。

お値段は種類によって190円~1800円です。

 

ちなみにカーペットクリーナー以外にも掃除用品システムシリーズは、

  • ハンディモップ
  • バススポンジ
  • ほうき
  • ちりとり
  • フローリングモップ

と、種類が豊富にありますが、もちろんポールは共通なので、1本購入して他と使いまわせるから収納に場所を取らないかも。

共用部品を作って、使いまわす。

良いアイデアですね(^^)

 

 

まとめ

カーペットクリーナーはワンコイン以下で購入できますし、使い勝手もデザインも優れていると思います!

 

100円ショップの物と比べると少しお値段は上がりますが購入して良かった一品です。

お気に入りのアイテムを使えば苦手な掃除も楽しくなります♪

 

産後の抜け毛で、床によく私の髪が落ちているので、出しっぱなしでもOKのカーペットクリーナーで、楽にお掃除したいと思います(^^;